訪問看護師になりました

2022年1月より新人の精神科訪問看護師になりました。

病棟ナース

本当にやめてよかったの?どんな訪問看護してんの?

訪問先は『まつお訪問看護ステーション』です。
現在の訪問看護師は私含めて、8人で稼働中。
そこにPSWが1人と社会福祉士さんが1人になります。

とてもアットフォームな職場であり、笑いが絶えません。
といっても主に訪問に出かけているので、出発する前の30分と帰ってきてからの記録を書く60分の間しかメンバーとお話しする時間はないんですが、記録を書きながら今日起こったことについて、情報交換を混ぜつつ、プライベートの話も織り混ぜ、毎日があっという間に過ぎていきます。

病棟ナース

聞いてみたらいい職場そうでよかった。

主な仕事内容について

・バイタル測定
・生活状況の把握
・生活状況に応じた支援(金銭管理把握や指導、食事状況、整理整頓など)
・精神状態の観察
・身体状態の観察
・服薬管理状況、指導
・基礎疾患からくる精神状態悪化の兆しや兆候の把握
その他諸々です。

書き出すとなると、その人に合った生活状況に個別で対応しているため、一概に何をしているかと聞かれたら答えることが難しくなってしまいますが、

『その人のニーズにあった援助またはサポートを行い、生活の質の向上を目指す』

ですかね。

病棟ナース

やることは、看護師の基本的なことなんだね。誰でもできそう

これは、訪問看護をしている方みんなに当てはまることなんじゃないでしょうか。
逆を言えば訪問看護は1人、1人違った看護があるということです。
器用じゃないとやっていけないですよ。笑

例えば、一人の利用者さんは

「あのスタッフは目も合わせないで俺と喋る。真正面位も座らんで。ちゃんと訪問の仕事をしているようにはみえん」という苦情がでたり、

もう一人の利用者さんは

「あの訪問看護師さんは真正面からずっと目を見て話してきて、こちらが話すとすぐメモをとってなんで私が緊張しないといけないのか。あの人はいやです」と苦情があったり。

本当にその人に合った接し方、対応の仕方を見抜く力がないとやっていけない仕事とつくづく感じています。

病棟ナース

・・・。

他にも、「訪問にくる時は事前に電話して、インターフォンを押してくれ」と言われ、
また他の方には
周りに訪問が来ていることを知られたくないから電話もしなくていい。玄関も開けているから泥棒みたいでもいいからそっと入ってきてください。」と言われたり。

病棟ナース

病棟での業務はついつい業務優先となりがちだもんなー。

精神疾患を抱え、症状はみんな一緒ではないこと、そこに人の感情も加わってくればなお、接し方には気をつけなければなりません。

「病院では、ちゃんと患者さんと接してきた。だから私は大丈夫」と自信満々で言われる方がいますが、看護の仕方がまるで違います。

でも、その違いを楽しみに変化できる方も、訪問看護に向いているのかもしれませんね。

精神科看護師なら知っている、とてもわかりやすい精神疾患の教材になります。↓